活性酸素は肌にどのように悪いか?その仕組みは

活性酸素は肌にどのように悪いか?その仕組みは

というのは真皮の細胞にダメージを与えることやコラーゲンをダメにしてしまったりすることそして活性酸素を予防することが大事だということがわかります。

 

 

活性酸素は肌にどのように悪いか?その仕組みは

 

日光浴はすすめられない
日光浴はこれまで推奨されてきたのですが、最近母子手帳に表記されていた日光浴のすすめがなくなりました。

 

日光浴をするとビタミンDが合成されていいということがわかっていたのですが、釧路問題の方が多くていたミンディを構成するためには1日15分だけ外にいればよく日光浴をわざわざする必要はないのです。

 

赤ちゃんが外出従ったらきちんとUVカットのベビーカーに塗せて日焼けをしないように木陰などで風に当たるようにしたほうがよいでしょう。

 

子供というのはもちろん紫外線のどれだけ悪いこということわからないです。

 

からお母さんが対策してあげないで行きません。

 

好色人種である日本人は皮膚癌になりにくいといわれていることがありますが、これは本当ではないようです。

 

基底細胞というのはいつも新しい細胞を作り出しているのですが、だんだんと傷がついてこの細胞が変になっていると突然品起こして癌が出てくるかもしれません。

 

白人も日本人も同じようにこの遺伝子はとても大切です。

 

メラニンが紫外線から身を守る

メラニンはこの遺伝子を紫外線から守ってくれる良い成分です。

 

メラニン色素が多いので日本人は紫外線をたくさん浴びてもあまり良い不安になりにくいということが信じられてきましたが、確かにオーストラリアにいる白人と比べると日本人の方が皮膚癌になる確率が高いとはいえません。

 

つまり白人よりも皮膚癌になりにくいといえるのです。

 

しかし日本人といっても黒人のように真っ黒にメラニンが出ることではありませんので、イルカになる確率は少しは上がるといえると思います。

 

オゾン層が壊れていくことからだんだんと皮膚癌になる確率は高くなっているといえるかもしれません。

 

しかし紫外線の対策をしておけば発がん性はだんだん頭抑えることができますので、これからでも全く遅くはありません。

 

紫外線は目にも悪影響を及ぼす紫外線はひふだけではなく目にもデメリットを貢献しています。

 

まず例えば白内障になりやすいということが挙げられます。

 

白内障はカメラのレンズに相当するところが真っ白に濁ってしまい外の空気が見えにくくなっている状態です。

 

そうなると失明することも考えられます。

 

ほとんどの場合は老化が原因で起こる白内障なのですが、中には紫外線を浴びすぎたことによって白内障になっている方もいます。

 

水晶体というのはカメラのレンズに相当する部分でここが濁ってしまうと見るもの全体が白く霞んで見えてしまうのです。

 

オゾン層が段々と減っている傾向にあるので紫外線が原因の白内障になる人も少しずつ増えていくかもしれません。

 

 

日光浴で骨の老化が防げる

骨粗鬆症を予防できるというのは一般的に知られています。

 

老人が増えてくると飛躍的に増えているのが骨粗しょう症や骨軟化症です。

 

このような症状になるとどんなデメリットがあるかといえばもちろん骨折するなどの直接的なデメリットもあるのですが、それで寝たきり老人を増やしてしまって認知症の人が増えるというのが最大のデメリットです。

 

そうすると日光に浴びると骨が強くなるということを聞きつけるとすぐに行ってみたくなります。

 

骨を丈夫にするには確かに日光浴をしてビタミンDを合成することが必要ですが、それに必要な太陽の量というのは15分程度でそれも手のひらサイズであれば良いとされています。

 

つまり普通に太陽に浴びていればほとんどの人はビタミンDを合成することができるのです。
むしろたくさん浴びたことによってデメリットが生じることを懸念しないといけません。
前にも紹介したように皮膚がんが起こる確率が高まりますし、それ以外に骨を強くする方法としては運動という方法もありますので、それらの方法を取り入れた方が良いのではないでしょうか。